ネット上の誹謗中傷の実態を知る

インターネットは情報がたくさんあります。まずは情報を見ることができます。有用な情報がたくさんあります。そして情報の発信ができます。自分自身でいい情報があれば発信することで共有することができます。この発信する情報において少し間違った情報が提供されることがあります。特定の人であったり団体などに対して行うものになります。ネット上において誹謗中傷が行われることがあります。誹謗に関しては、根拠のないことで名誉を傷つけたりすることです。中傷は根拠の無いいやがらせ等をすることです。その情報を流している方は根拠が無いことを知っているでしょう。しかし見ていない多数の人はそれが本当のことだと考えます。言われている人は根拠が無いですから記載されていることも知らない場合があります。知り合いなどに言われて初めてその情報が掲載されていることを知ります。

ネットでの誹謗中傷は犯罪として扱われる

法律があり、法律において決められていること、してはいけないことなどがあります。してはいけないことをした時にはそれぞれの内容によって対応が異なります。簡単な注意で済むこともあれば、一定の措置が取られることもあります。大したことではないから注意程度で済まされると安易な気持ちで行うと、実際は大きな犯罪だったこともあります。してしまってからでは遅いといえるでしょう。ネットで誹謗中傷することは犯罪として扱われます。ですからそれがわかったり、相手から訴えられたりすれば警察に捕まったり、裁判などで罪が決められることもあります。インターネット上に情報を出すことは誰でもできることです。また表上は匿名で出すこともできます。しかし今の技術においては垂れが記入したのかはある程度わかってしまうので、それらを行えば見つかります。

誹謗中傷をするとした人は大きな損

会社の就業規則においては罰則規定が規定されていることがあります。社員がこのようなことをしたら罰としてこのようなことをしますとする規定です。ほとんどこれが運用されることはないのでしょうが、大企業になると多くの社員がいますから少なからず該当する人もいます。罰則規定に関しては一度引っかかってしまうとそれで大きく将来も変わるとされます。できるだけ避けたいです。犯罪などについては罰則規定の条件になってくるでしょうが、誹謗中傷においても罰則規定を受ける可能性があります。ただ行っているだけでなるわけではありませんが、警察に捕まったり、訴えられたりすれば一定の処分を会社もしなければいけません。退職を迫られたり、減給であったり、人事考課のマイナス等が生じることがあります。簡単にできることですが、それによって人生に大きな損が発生します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*